住宅は未来のことも考えて選びたい

家を建てる、買うというのは人生の中でも一番大きな買い物だとおもいます。
そこで、まずは自分たちが思い描く生活を想像してみましょう。

最近の建て売りは、求めやすいようになっています。土地を広くせず、若手ファミリーが住むには十分な広さです。
しかし、親のことを考えていますか?介護が必要になったら部屋はありますか?

将来子供が結婚し、一緒に住むと言ったらどうしますか?いやいや、自分たちは子供の世話にはならない。
年寄りだけでゆっくり暮らしていざとなったら施設に入るから。そんな考えの人も多いと思いますが、施設空いてなかったらどうします?

建て売り住宅も、土地にゆとりがあればいざというときに増築もできます。リフォームするなんて言っても大変ですよ。
初めは、小さい家を建てたっていいんです。生活に不便のない広さで十分だとおもいます。

でも、先のことを色々考えたうえで土地は重要です。まずは土地を購入するだけでもいいでしょう。
リフォーム住みの家を買うなら、それなりの広さのものを選びましょう。色々な工務店やハウスメーカを見に行きましょう。

見に行った時と実際住んでみての広さの違いも視野にいれてください。まずはじっくり見学からです。

続きはこちら>>>>>新築 失敗談